ホーム >  プロジェクト >  Project3 藻類バイオマスエネルギーの実用化 取組内容

Project3 藻類バイオマスエネルギーの実用化 取組内容

Project3 藻類バイオマスエネルギーの実用化 取組内容

実施事項

  • H24年度から、耕作放棄地を活用した屋外大量培養、自動車運用実証試験等により、技術的課題を解決
  • H27年度からオイル生産の大規模実証のほか、健康食品、医薬品等の高付加価値な藻類産業の展開も図る

大規模生産技術の開発

大規模生産技術の開発

目標年度

  • 藻類の屋外大量培養技術の確立に向けた実証実験の推進 (平成24年度)
  • 屋外実証プラントの設置(平成24年度中)
  • 藻類産生オイルを活用した公用車の運用(平成25~平成27年度)
  • 実証プラントによる藻類産生オイルの生産(平成25~平成27年度)

効果

経済効果 CO2削減効果
H27年度まで 年間正味14トンの炭化水素オイルを生産 約20トン/年
H32年度まで 年間正味14,000トンの炭化水素オイルを生産 約20,000トン/年

規制緩和措置

  • 屋外大量培養技術の確立に不可欠な農地での実証実験を行う上で、農地法の規制がネックとなっている。
大量培養技術の早期確立・実用化
  • 耕作放棄地を活用した藻類バイオマスの実証実験について、農地転用許可に係る特例措置を提案

ページの先頭へ