ホーム >  プロジェクト >  Project4 TIA オープンイノベーション拠点

Project4 TIA オープンイノベーション拠点

TIA-nano 世界的ナノテク拠点の形成


   

TIAは、産業技術総合研究所(産総研)、物質・材料研究機構(NIMS)、筑波大学、高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東京大学が協力して運営するオープンイノベーション拠点です。
我が国のイノベーション創出を加速することを目的として、高い研究ポテンシャルを有する5機関が連携し、総合的な研究能力-人材、施設、知的財産等-を結集することで、知の創出から産業化までを一貫して支援しています。
前身のTIA-nano(2009-2015)は、つくばを拠点にナノテクノロジー分野のオープンイノベーションを推進してきました。2016年に新たに東京大学の参加を経て、研究領域もこれまでのナノテクノロジーを土台としながらも新たな領域-ナノバイオ、バイオ動態制御、藻類バイオマス、計算科学、データ駆動科学、計測技術、IoT研究開発拠点-へと拡大を行うとともに、新たな取り組みとしてTIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」*を実施しています。

* TIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」

「かけはし」はTIA中核5機関内での連携を支援する事業です。ナノテクノロジー、医療、バイオ、計算科学、IoTなどの様々な領域の基礎研究や応用のための調査研究、人材育成事業などの提案を積極的に進めています。

 

 
取組内容

主なプロジェクト参加機関

産業技術総合研究所/物質・材料研究機構/筑波大学/高エネルギー加速器研究機構/東京大学

 


ページの先頭へ