ホーム >  プロジェクト >  Project4 TIA 世界的ナノテク拠点の形成 取組内容

Project4 TIA 世界的ナノテク拠点の形成 取組内容

実施事項

  • 最先端の研究設備の共用化等を推進。迅速に新事業・新産業を創出するオープンイノベーション体制を構築
  • オープンイノベーションのもと、画期的な省エネ機器等の開発や人材育成を一体的に推進。ものづくり大国・日本を復権

グリーンイノベーションを実現するナノテクノロジー研究開発

グリーンイノベーションを実現するナノテクノロジー研究開発

目標年度

  • 産業化を見据えたナノテクノロジー研究
    (先進パワーエレクトロニクスの研究開発など複数の研究プロジェクト・平成22年度~)
  • ナノ材料の安全評価手法の確立、情報集約・発信(平成22年度~)
  • 企業が多数参加するオープンイノベーションモデルの研究開発
    (会員制研究開発組織「TIAナノグリーン」および民活型共同研究組織「TPEC」の創設・平成24年度~)
  • ナノテクノロジー共用装置の整備、共用の促進(平成22年度~)
  • ナノテクノロジー分野における次世代リーダーの育成(「TIA大学院連携コンソーシアム」の設立・平成23年度~、上記研究プロジェクトにおける若手研究者の人材育成・平成23年度~)

世界最高クラスを誇る先端研究インフラと先端共用インフラ

世界最高クラスを誇る先端研究インフラと先端共用インフラ

効果

産学官連携による累積事業規模
1,000億円以上(H22~H26年度)

連携企業数
100社(H22年度) →300社以上(H22~H26年度)

連携大学院の学生数
500人以上(H22~H26年度)

規制緩和措置

オープンイノベーションに対応する研究開発体制への転換を図る上で、先端的な研究設備の共用化と初期投資の負担軽減は不可欠です。
そこで研究開発・市場化の促進を行うために、公的資金で整備した研究設備に係る目的外使用について、補助金適正化法の規制緩和措置を提案しています。

開発事例

画期的省エネ機器の開発

画期的省エネ機器の開発


ページの先頭へ